HOW TO USE

手帳の使い方アイデア

TODO整理に特化したウィークリーの使い方

複数のプロジェクトを担当する企画職のNさんは、会議が多い毎日の中でプロジェクトごとのTODOに追われる日々。そんなNさんを手助けしているのが、SUNNYのTODO管理しやすいウィークリーフォーマット。ウィークリーをTODO整理に特化して利用する使い方をご紹介。

  • 会議が多い日、TODOをこなす日を可視化する

    特に会議が多い日や、TODOをこなそうと決める日があれば、日付横のスペースを利用して可視化するのがNさん流。週のTODOをどの日でやるかを考えやすくなるだけでなく、なんとなく週の流れを俯瞰することが可能に。

  • 案件ごとに週のTODOを書き出し

    左下のスペースは、案件ごとに今週のTODOを書き出す場所として利用。ポイントは、ここに書くのは「大TODO」だということ。小さなタスクや、各工程の書き出しというよりも、ここでは今週終わらせたいことを見通すようなイメージで書き出す。

  • 週のTODOから「マイ締切日」を設定する

    ②で書き出した今週の大TODOを、何日に終わらせるかを考え、少し余裕を持った日程で「マイ締め切り日」として設定する。フォーマットの区切り線を利用し、あえて全てを「締め切り」として認識することでTODOを後ろ回しにしない習慣を身に付けやすくなる。

  • 「マイ締切日」を見ながら、1日ごとのTODOを書き出す

    このスペースには、③で設定したマイ締切日を見ながら、1日ごとの細かなTODOを決めて書き出していく。TODOの書き出しが多くなった日には優先順位を書くようにするのがおすすめ。

その他の関連記事はこちら

手帳タイプ別比較表

WEEKLY、MONTHLY、DAILY
3タイプの手帳を一覧表で比較できます。

MORE

フォーマット診断

あなたのライフスタイルやお仕事に
ぴったりのSUNNYを診断します!

MORE
ページトップへ