【WORLD1】作家の歩み~作家「彩」編~


こんにちは、WORLD1の岸野です。

WORLD1の似顔絵作家誕生までの物語を綴る「作家の歩み」

先日の投稿では、作家ぐりこを紹介させていただきましたが、今回は私が担当をしている作家「彩」をご紹介させていただきます。

 

柔らかい水彩のタッチと、花の描写が特徴的な彩の似顔絵は、ウェルカムボードやご家族への贈り物など、幅広い世代の方に選ばれています。

 

彼女はどういった想いで似顔絵作家を目指したのか。

また、彼女が似顔絵に込める想いとは?

似顔絵作家「彩」の人となりを紹介していきます。

 

似顔絵作家「彩」

(ぬくもりのある繊細なタッチの似顔絵はウェルカムボードにぴったり)

 

WORLD1を知ったきっかけは、前回登場した作家ぐりこ

―似顔絵作家になろうと思ったきっかけを教えてください。

「絵が描ける」「人と一緒に働ける」職場で働きたいなあと思っていました。

芸大に通っていた頃、絵が好きな人達と一緒に、物作りをする時間がすごく心地よくて。

WORLD1を知ったきっかけは、前回登場した作家ぐりこが大学の先輩だったからです。

大学の説明会で作家さんの話を聞いて、いいな、楽しそうだな、私もやってみたい!と思いました。

 

似顔絵制作風景

(制作風景)

 

「幸せ」=「お花」のイメージ

―似顔絵のこだわりはありますか?

幸せそうな絵が描きたいと思っています。

絵を見た人が、心地よくなるような。

あと、何の絵を描いてもお花を入れることが多いので、こだわりなのかも。

「幸せ」=「お花」のイメージがあります。

お花の絵は、子供の頃からよく描いていて、大学は日本画を選考して色んな植物をスケッチしていました。

 

水彩絵の具で花の柔らかさを演出

(水彩絵の具で花の柔らかさを演出)

 

お気に入りの花もお描きできます

(お気に入りの花もお描きできます)

 

大学時代から、色々な植物をスケッチしていたという彩。

新郎新婦様おふたりの真ん中にお描きする花は、おふたりに向けた彩からのブーケ。

周りの小花は、おふたりの幸せなオーラを表現しています。

 

また、似顔絵の中には、季節に合わせた花をお描きすることや、ご希望に沿った花もお描き出来ます。

6月の挙式にはあじさい、夏にはひまわりなど、季節に沿った花が描かれた似顔絵でウェルカムスペースを彩ってみてはいかがでしょうか?

 

ジューンブライドには紫陽花を入れて大人っぽく

(ジューンブライドには紫陽花を入れて大人っぽく)

 

夏の挙式にはひまわりを取り入れ元気なイメージ

(夏の挙式にはひまわりを取り入れ元気なイメージ)

 

何とかなる!と思ってとりあえずできることを考えます。

―大変だったことはありますか?

似顔絵作家になったばかりの頃は、できない事がたくさんあったような気がします。

でもいつも何とかなる!と思ってとりあえずできることを考えます。

 

似顔絵作家「彩」制作風景

 

思うように筆が進まなかったり、壁にぶつかった時にはくよくよ考えず、何とかなる!とポジティブに考えているという彩。

絵のように柔らかい雰囲気の彼女ですが、中身はとても前向きな女性です。

 

 

以前絵を描かせて頂いたお客様と再会できた時は本当に嬉しいです。

―嬉しかったことはありますか?

毎週末、WORLD1は似顔絵イベントを開催しています。

そのイベントで、以前絵を描かせて頂いたお客様と再会できた時は本当に嬉しいです。

最近も、昔イベントで出会った方がまた来てくれて。

そのお客様は、カップル時代、ご婚約、ウェルカムボード、お子さんが産まれた時も来てくださったんです。

先日お会いした時は多分5年ぶりで、また新しいご家族が増えていました。

人生のこんなに嬉しい幸せなタイミングで、私のことを思い出して、絵を描かせてくれるなんて最高に嬉しいなあと思います。

似顔絵イベントの話しをする彩

(その時の様子を笑って話してくれた彩)

 

ホームページからご注文いただいたお客様の似顔絵だけでなく、イベントでお描きさせていただいた方の似顔絵も、作家のインスタグラムからご覧いただけます。

>彩のインスタグラム

 

面白いエピソード・・?

―面白いエピソードがあれば教えてください。

面白いメンバーがWORLD1にはとにかく多いです!

作家メンバーも個性が強いですが、今回インタビューしてくれている岸野もすごく面白いです。

彼女は昨年メンバーに入ってくれて、私の似顔絵のマネジメントをしてくれています。

普段はきっちり丁寧な素晴らしい対応をしてくれるんですが、たまに先輩にユニークなツッコミをしてくれます。このギャップが私は面白くて大好きなんです。

 

(・・・まさかここで私の名前が登場するとは。ちなみに担当作家のメンバーと撮った一枚です。)

下段:左から作家「マッキー」「彩」 上段左:作家「anco」

(上段:左から作家「anco」、岸野 下段:左から作家「マッキー」「彩」)

 

一番贈りたい、残しておきたいと思うのは家族の絵

―どんな人に届けたいですか?

家族の似顔絵を描いて欲しいというご依頼はすごく嬉しいです。

私も一番贈りたい、残しておきたいと思うのは家族の絵だから。

いつもお客様の、似顔絵を頼んでくださる経緯や想いを聞いて、共感したり感動したりしています。

その想いをできる限りたくさん受け取って、素直な気持ちで絵にしたいと思ってます。

 

(Lサイズ7名のご家族様の似顔絵)

 

 

―最後に、メッセージをお願いします

最近は新しい画風の研究も始めました。

インスタグラムもやっているので、是非見てみて欲しいです!

>彩―haconiwa―のインスタグラム

 

お客様とのエピソードなど、

似顔絵を通して沢山の人の幸せをお手伝いできることにやりがいを感じている彩。

これまでの経験を活かして「haconiwa」というシリーズも研究中とのこと。

”絵本の表紙”をテーマとした、これまでの画風とは一味違う似顔絵となっています。

まだ受付は開始していませんが、是非、上のリンクからのぞいてみてくださいね。