詩人きむによる、「開くたびに前向きになれる言葉の手帳」きむ手帳2020!


 

2009年から発売して12年目となる『きむ手帳』。
2020年のテーマは、「自分の地図を作ろう」!
今回のきむ手帳の制作への想いを、詩人きむさんにお伺いしました。

 


以下、きむさんとの対談形式でお送りします◎
インタビュアーは広報担当の石井です。以後お見知りおきを。

 


 

2020年のテーマは「自分の地図を作ろう」

 

きむさん、よろしくお願いします!
よろしくお願いします!
早速ですが、2020年版のテーマが、「自分の地図を作ろう」ということで、このテーマに決めた想いを聞かせていただけますか?

僕は、詩という言葉を通して応援させてもらうんやけど、もっと具体的に「自分はこうなりたい」とか「なりたい自分に近づきたい」という想いにも応援したい気持ちがあって。

そのためには、自分のことを知らんとあかんし、自分の現在地がわからんと行きたい先(目指す場所)もわからないと思うんです。

よく講演会でも、「やりたいことがわからない」、「夢が見つからないのですがどうしたらいいですか?」という質問を受けるんやけど、そもそも自分のことを知らんていうことが多くて。

まずは、自分のことを知らんと未来は想像できんから、ちゃんと今の自分と向かい合って、自分の現在地を知って、どこに自分が行きたいのかを振り返る。それが“自分の地図”。

自分の地図を作れるきっかけになるような手帳になれたらいいなという想いでこのテーマにしました。

具体的なところで言うと、どういった点が挙げられますか?

今回は「CHANGE THE HABIT(習慣を変えよう)」などを新たに考えて取り入れたんやけど、以前から設けている「HAPPY&THANKS」なども、1日や1カ月を振り返る機会があることで自分の気持ちを改めて知れるページです。

自分と向き合い、継続してアウトプットしていくと、自ずと自分の地図が見えてくるはずなんだよね。

なるほど。ただ“自分と向き合う”という漠然としたものでは、どう行動したらよいかわからないですが、そういった項目と書き出す場所が手帳にあることで、日常的に取り組みやすくなりますね。

 

 

2020年、きむ20周年

 

今回のきむ手帳のこだわりを教えて下さい。
2020年の夏で、路上でポストカードを売り始めてから20年ということもあって、毎年、去年の手帳を超える気持ちで作っているけど、「さらに最高のものをつくろう!」という熱があふれまくって作りました!
す、すごい熱です!来年できむさんの詩人としての活動も20周年ですもんね。
あと、五輪はなにか入れたいなあという気持ちはありました。
2020年と言えば、東京オリンピックですもんね!
五輪の色のスカートをはいた女の子が走ってる、みたいな写真を入れてもいいかなと思っていたんやけど、たまたま娘が三輪車にもらった風船を付けているところを見て「可愛いやん!」と思って、表紙は5色の風船を付けて三輪車を漕ぐ娘の姿にしました。
めちゃくちゃかわいいですね!そしてこの木とのバランスもいいですね。
そうやろ、うちのマーク(いろは出版のロゴマーク)みたいやろ?
たしかに~!!笑
先ほども話題にあがりましたが、2020年は詩人きむ20周年、東京オリンピックと、何だか特別な年に感じられますが、きむさん自身も自分を見直して、またスタートを切ろうという部分もあるのでは?
2020年、きむ20周年、東京オリンピックがくるって中々めでたいなあと感じていますね。
20歳から始めているから、年齢もちょうど40歳で。20という数字におお!という気持ちがあって。
そうですよね。すごく縁のある数字な気がします。
だから、僕も自分で改めて地図を作るというか。
40歳にもなるから、今の自分をもう一回見つめなおして、どう生きていきたいかも含めて、自分自身もう一回やってみようと思って。
お盆中とかも自分の夢を書いたりして、今の自分と向き合っていました。
自分の“今”を知ることで、2020年は新たなスタートをきれそうですね。
そういった部分は今回の詩や写真などにも表れているのでしょうか?
作品を作るために、撮影の旅(以下、きむ旅)に行くんやけど、今回は雨予報で。(晴れ間の撮影もできたけど!)
今まで極力避けてきた“雨”という、いつもとは違う景色の写真を撮ってみたら、雨でも撮れるなあ!って新たな発見があったなあ。

あと、今回は雨のきむ旅だったので「虹を探そう!」と言って出発して、最終日の夕方に高知県の鏡川でみんなで最高に美しい夕日がみれたことも嬉しかったなあ。
あきらめずに動き続けると、運が良くなるな!とその時思った!

確かに、きむさんの作品は雨のイメージはありませんでした。新たな挑戦から得た発見でしたね。
そんな今回のきむ旅でのエピソードを何か1つ教えてください。
高知県に行って、“ごめん”駅行きの路面電車を発見した瞬間に言葉を閃いたので、追いかけて写真を撮って今回の作品のひとつになっています!笑
発見した瞬間に閃いたとは、、!どんな詩が生まれたのか、注目ですね◎

2020年への想い

 

2020年はきむさんにとっても節目の年になると思うのですが、どういう年にしたいですか?

もちろん、言葉とか写真とかもよりみんなの毎日に寄り添って、良い行動のきっかけになるようなことをこれからも書かしてもらいたいし、「きむさん、そうきたか!」みたいな驚きとか、想像を超えるところも見せれたらいいなあと思っています。それは言葉でも写真でも。

挑戦していって、僕のことをより期待してもらえるようになっていきたいなと思います。

来年で40歳で、詩人きむの活動も20年やから、言葉とか作品での応援をきっかけに、より具体的に応援できるようなこともつくっていきたい。

いいきっかけを作って、それを続けられるような応援もできたらいいなあと思っています。
20年やらせてもらっていることって中々ありがたいことやなと思うので、本当にみんなに感謝です。

 

ありがとうございます。
それでは最後に、使ってくれる人へメッセージをお願いします。
2020年に向けて、殻をやぶりつつある自分を楽しく思っています!
特に今回のきむ手帳の作品ページでは、新しいきむが表現できたのでは!と思っています。
楽しみにしてもらっている方の想像を超えれたらうれしいです!

2020年を僕は節目の年の始まりの年にしてさらに挑戦していきますので、一緒に良き一年をつくりましょう!
きむ手帳があなたの毎日に寄り添えたらうれしいです!

 

きむさん、ありがとうございました。
年々パワーアップしているきむ手帳。ぜひ特設ページやIROHA onlineshopでチェックしてみて下さいね!

 

きむ手帳2020商品ページはこちら>

きむ手帳2020特設ページはこちら>