HOW TO USE

手帳の使い方アイデア

見返したい情報にすぐたどり着ける読書メモ

マーケティングを担当しているIさんは、専門書を読んだときは、手帳に書き込むようにしています。
仕事ですぐ使えそうな情報が載っているのであれば、さっと見返せるように手帳に要点をメモしておくのがおすすめです。

  • 単色で記入しておく

    あとで見返したときに好きな箇所にマーカーなどを引けるよう、最初は単色で記入しておきます。
    ビジネス書は、章ごとなど、ある程度情報がまとまっているため、マーカー無しでもさっと要点をまとめやすいです。
    書き終わったとき、見直したときにマーカーで改めてポイントをマークしていくと◎

  • 余白をたっぷりと

    見出しのタイトルなどを左に揃えて記入することで、たっぷりと余白をつくることができます。
    余白を作っておくと、専門用語の補足や説明などを記入するのに便利です。

  • 図やイラストもつかって

    ウ気になる箇所や要点は、図やイラストをつかってわかりやすく記入します。

その他の関連記事はこちら

手帳タイプ別比較表

WEEKLY、MONTHLY、DAILY
3タイプの手帳を一覧表で比較できます。

MORE

フォーマット診断

あなたのライフスタイルやお仕事に
ぴったりのSUNNYを診断します!

MORE
ページトップへ